できることならお金は借りたくないのが本音 - 銀行でお金を借りる方法紹介

できることならお金は借りたくないのが本音

 

「お金を借りる」という行為について、私は正直あまりいいイメージを持っていません。

 

しかし我が家は5年前に注文住宅を建てているので、何千万という単位でお金を借りています。

 

若い頃には、車を買うときにもローンを利用したので、これも借金ですよね。

 

いいイメージがないというのは、こういったローンのことではなく、消費者金融などでお金を借りることを言います。

 

私は消費者金融でお金を借りたことはないので、偏見だと思うのですが、よくドラマなどで、借金の取立て屋さんが脅していたりしますよね。

 

どうしてもそのイメージが強いのだと思います。

 

では銀行で借りればいいのかと言うと、審査が厳しかったりと大変ですよね。

 

友達に借りることもできれば避けたいです。

 

口約束ほど曖昧なものはありませんから、万が一あとあとトラブルなどになって、友人関係が壊れてしまうのは絶対に嫌です。

 

しかしお金を借りるということは、何も悪いことではありませんから、こそこそする必要はないです。例えば給料日前に急な出費が発生してしまうということもあるでしょうし、お金がないときに限ってケガや病気で受診することになり、医療費がかさんでしまうなど、様々な事情があります。

 

給料が出ればすぐに返せるのであれば、引け目を感じることはないと思います。

 

しかし中には返せない額を借りて、利息がどんどん膨らんでしまう人がいます。

 

借りたものは返すのが当然ですから、自分の収入見込みをしっかりと把握して、計画的に借りることが大切だと思います。