心の余裕の大切さ - 銀行でお金を借りる方法紹介

心の余裕の大切さ

 

私がお金を借りようと思う時っていうのは、計画性のある買い物とか以外では、大概お金に余裕が無いのはもちろんですが、心にもゆとりが持てない時が多いでしょうか。

 

突発的な事態で急にお金が必要になる事っていうのも案外あるものですが、中々日頃からその為の蓄えを用意しておくということも難しかったりします。

 

正直性格的な問題っていうのも大きいとは思います。あるあるネタではありませんが、自分の経験と人を見て思うのに、ちょっと借りようとなってしまう時って結構ギャンブルにはまっている時って多いような気がします。

 

程々に儲けた事がある方ならわかると思うのですが、ちょっとお金を借りても今日中にでも返せるから。

 

という思い込みを持ってしまうんですね。

 

勝った時の印象って強くてなんか簡単に勝ててしまうような気がしてしまうんですよね。

 

パチンコなんかは特にそうだと思うのです。
出る時は本当に簡単に沢山球やメダルが出ますから。

 

負けてお金が無くなってしまっても、「もう少し打ち込んだら取り返せるんじゃ無いか?」と大概思うんですよね。
実際まだうちたいわけですし。
なので、私もパチンコに入れ込んでいた頃は、よく人とお金の貸し借りをしていました。

 

お店の中とか他のパチンコ屋に行ってでも知り合いを探して知り合いが出してたら、お金を借りようと頼む訳です。
この状況って何処に行っても、常連同士や顔見知りの間でよくある光景でした。
カードローンの枠を限度額一杯迄借りてる人とかはそれ以外借りられ無いですから、パチンコしたい気持ちと、勝てばすぐ返せるっていう根拠のない自信から人からお金を借りようとしてしまうんです。

 

ただ、勝てないから中々返せないんですよね。
私自信も人に貸したお金が膨らんで全額返してもらう迄に1年以上かかった苦い思い出があります。
現金が目の前で動いて行くギャンブルは少し心に余裕を持って行わないと、大変な事になるとお金の貸し借りのあり方共々反省しました。